視察報告② -岡山市の介護サービス質の評価

視察報告② -岡山市の介護サービス質の評価

コミュニケーション型介護ロボットの「うなずきかぼちゃん」とアザラシのパロ

翌26日午前は岡山市の「介護サービス質の評価」について視察、岡山市役所において担当職員の方からがっちり説明を受け、さまざま質疑をさせていただきました。また、同市議会公明党の磯野昌郎議員にお出迎えをいただきました。

岡山市は平成26年から、要介護状態を改善した事業者に対する報奨金制度などのインセンティブを与える取り組みを実践しています。さらに、他の先進自治体とともに国に対して「成功報酬制度」の創設を求める要望書も提出しています。先駆的な取り組みをぜひ埼玉県にも活かすべく、視察させていただきました。

岡山市の取り組みは、通所介護、つまりデイサービス事業者を対象として、要介護状態の維持改善ができた事業者を評価しようとする試みですが、制度の設計段階でいわゆる「いいとこ取り(改善されそうな利用者だけを選ぶ)」を防ぐために、評価項目に「ストラクチャー(構造)」、つまり介護の設備や組織がどれだけしっかりしているかを入れた点が注目されます。

具体的には、専門的ケア研修への参加や認知症高齢者の受入れ人数、機能訓練指導員や介護福祉士の体制などが評価項目になります。その上で、具体的にアウトカムとして要介護状態の改善度が評価されます。具体的なアウトカム成果を出した上位10事業所に報奨金として10万円が出されるほか、取り組んでいる事業所を市が公表します。報奨金よりもこうした意欲的な取り組みを実践していることを市が積極的に広報し、顕彰することで事業者側の意欲が高まり、結果的にサービスの質が高まっていくのではと感じました。

また、岡山市はデイサービスを介護の入り口として捉え、認知症アセスの実施を推進しており、これまた大変有効な手法と感じました。さらには介護機器貸与のモデル事業も実施しており、自己負担1割で現行制度で認められていない新しい介護機器を借りることができます。【写真】はコミュニケーション型ロボットの「アザラシパロ」と「うなずきかぼちゃん」ですが、とてもかわいらしい動きや声を出し、認知高齢者の興味をひき、精神状態の向上に役立つのではと思われました。

岡山市の先駆的な取り組みを拝見し、まさに「介護保険は地方自治の試金石」という言葉を思い出しました。

視察報告➀ -広島県のACP(アドバンス・ケア・プランニング)

1月25、26日と広島県、岡山市に同僚の蒲生県議と視察に行ってきました。2月定例会の代表質問の参考にするためです。まずは、25日午後に広島県医師会を訪ね、「ACP(アドバンス・ケア・プランニング)」について、県医師会でこの課題を担当する本家好文、小笠原英敬の両医師から貴重な話を伺うことができました。

ACPは、将来受ける可能性がある医療やケアについて、あらかじめ自分の考えを家族や医療者と話し合って「私の心づもり」として文書に残し、終末期の医療やケアなどに反映させる取り組みです。広島では広島県、広島市、県医師会、広島大学の4者で構成する広島県地域保健対策協議会がこのACPに平成25年から取り組み、先駆的な事例として注目されています。「私の心づもり」はいくつかの質問に答えるA4サイスのアンケート用紙で、現在の希望や思いが整理できるようになっています。

視察前の私の想像は、広島ではこのACPが終末期の医療現場で相当実用化されているのではと思っていましたが、ことはそんなに単純ではありませんでした。

例えば、「延命治療」を希望しないと言っても、延命治療の定義がさまざまですし、時とともに考え方が変わることもあります。また、本人の意向といっても家族と共有されていなければ難しい場合も出てきます。さらには医療者とどのタイミングで話し合い、だれが保管するかといったさまざまな課題があり、この問題は性急な結果を求めるべきはないと理解しました。

一方、大変重要だと感じたのは、「一人ひとりの価値観や人生観などについて、元気なうちから家族や医療者と話し合っておくアドバンスプランニングを普及させて『地域の文化』にする」という広島の方針です。終末期医療というデリケートな問題に取り組むにあたり、まずは普及啓発に力点を置くべきことを知れたことは大きな収穫でした。また、終末期医療の在り方を考えることは「より良く生きること」いう言葉にも目を開かされた思いがしました。

出初式、新年会‥‥。今年も頑張ろう!

平成30年があけて一週間。仕事始めも終わり、各種の新年会も相次ぎ、忙しい日々がスタートしています。

7日は航空記念公園で、埼玉西部消防の出初式に出席しました。素晴らしい好天のもと、多くの市民の皆さんとともに、消防職員、消防団員の雄姿を頼もしく拝見しました。いただいた資料によると、西部消防局管内では火災の件数は昨年比ほぼ横ばいの181件ですが、救急出動件数は昨年比1,122件増の36,673件でした。

また、年末からずっと良い天気のため、カラカラに乾燥しています。糸魚川の大火のように強風のもとで起きる火事の恐ろしさは想像を絶します。くれぐれも用心していきましょう。

写真は、とび組合の皆さんによる見事な「はしご乗り」と大迫力の一斉放水です。消防関係者の皆様、本年もよろしくお願いいたします。

Top