各種団体から県への要望を聞く

各種団体から県への要望を聞く

毎年9月議会を前に、公明党県議団として県内各種団体から県政への要望を聞く取り組みを続けています。今年も昨日12日から14日までの3日間、県議会に数多くの団体をお迎えしてさまざまな要望をうかがっています。今年は全部で49団体の方におこしいただく予定です。これには西田参議院議員、矢倉参議院議員、輿水衆議院議員などの公明党国会議員も可能な限り同席してい

各種団体からの貴重なご意見をうかがっています

ます。

大きな団体から小さな団体、専門仕業や福祉関係の団体までジャンルはさまざまですが、毎年貴重な意見をいただき、それをもとに議会質問を行い、実現に向かった要望も少なくありません。私の限られた容量の脳みそではオーバーフロー気味になりますが、県民の皆様の切実な要望です。しっかり聞いて、できる限りの対応をしてまいります。

防災学習センターと消防学校を視察

今日6日は、会派で鴻巣市にあり、隣接している埼玉県防災学習センタ

風速30メートルを体験しました。

ーと埼玉県消防学校を視察してきました。

 

まず午前中に埼玉県防災学習センターへ。ここは防災に関して「体験」し、「学ぶ」施設で、特に体験では震度7の地震体験、風速30メートルの強風体験、消火体験、煙体験と4つの体験をすることができます。まさに貴重な体験で防災の必要性を肌身で感じることができます。また、各種の展示やビデオシアターの学びも充実しています。この日も小学校の社会科見学や自治会の皆さんが訪れてていましたが、機会があればぜひ一度訪問していただきたい施設です。

 

引き続き午後は、埼玉県消防学校へ。私たちの生活を守ってくれている

消防学校の玄関にて

各消防本部の消防本部の職員が初任者訓練をはじめ、さまざまな専門訓練を受けるための学校です。実際の訓練の模様も拝見しましたが、真剣かつきびきびした行動に好感と頼もしさを感じました。また、時には自らの生命をかけて県民の生命と財産を守る消防職員の皆様にあらためて感謝と敬意を抱きました

大阪府と岡山県を会派で視察

8月31日と9月1日に、大阪府の政務活動費のネット公開と岡山県の教員負担軽減策について会派有志で視察してきました。

大阪府議会は平成27年から全国に先駆けて政務活動費の領収書や会計帳簿をインターネット公開を行っています。最近も残念なことに埼玉県議会や神戸市議会で架空領収書問題で議員が辞職するなど、政務活動費がらみの不正が跡を断ちません。透明性のいっそうの確保向けて、領収書のインターネット公開を本県でも検討すべきと考え、大阪府を訪ねました。府議会事務局の職員から導入の経緯や実務上の課題など、大変

政活費のネット公開について聞いた大阪府議会にて

参考になる話を伺うことができました。

翌日は岡山県庁をたずね、教師業務アシスタント事業と特殊詐欺防止条例について視察しました。前者は教員の負担軽のためコピーや印刷、データ入力等をパート職員のアシスタントに行ってもらう取り組みです。現場からは「学習指導に関する業務時間が増えた、もしく確保できるようになった」との声が寄せられ、大きな効果を挙げているようです。本県でも大いに参考にすべき感じましたと。

また、特殊詐欺防止条例についても種々話をうかがい、特に高齢者をねらう悪質で憎むべき詐欺を防止するためには不断の取り組みが必要なことを痛感しました。

Top