県議選の勝利!

県議選の勝利!

IMG_2773OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このたびの県議選におきまして、5期目の当選を果たすことができました。今回、「トップ当選」という、最高最大の「勝利の報告」を皆様にできましたことに、感無量でございます。本当にありがとうございました!

今回の選挙戦は、過去4回の選挙戦と比べて、最も厳しい情勢の中での戦いでした。選挙期間中に、公明新聞の1面に掲載(2回)されたのは、初めてのことで、毎日が不安と緊張の連続でした。しかしながら、皆様から熱きご声援をいただき、逆境の中でも、「断じて勝つ!」との思いで、最後まで元気いっぱいに戦い抜くことができました。

改めて、最後の最後まで、私「西山じゅんじ」の勝利のために、絶大なるご支援を賜りました党員・支持者の皆様、陰に陽に支えてくださった、所沢総支部の市議団の皆様、事務所の皆様、そして、今回、私「西山じゅんじ」に、貴重な一票を投票してくださった皆様に、心より感謝と御礼を申し上げます。

これからの4年間、私「西山じゅんじ」にいただいた、深く大きな、皆様のご期待を生命に刻み、全力で働いてまいります。

そして、次はまもなく統一地方選挙の後半戦がスタートします。わが所沢総支部では、所沢市議団6名、狭山市議団4名、日高市議団2名が出馬します。「所沢総支部の市議団の完勝」と共に、「公明党議員の全国完勝」を目指し、その先頭に立って、戦ってまいります。

最終遊説を終えて

FullSizeRender
告示からの9日間。雪の日も、雨の日も、風の日も、この「西山じゅんじ」のために、温かなご支援を賜り、誠に誠にありがとうございました。いまだかつてない苦しい選挙戦でしたが、皆様のおかげで、「あと一歩」のところまで押し上げていただくことができました。また、私「西山じゅんじ」がここまで全力疾走することができたのも、皆様のおかげでございます。心から感謝申し上げます。

先ほど、新所沢駅西口におきまして、「最後」の街頭演説会を行わせていただきました。たくさんの方々が応援に駆け付けてくださり、感無量でございます。誠に誠にありがとうございました!

20時以降は、拡声器などでのお訴えはできませんが、選挙活動が許される、本日「23時59分59秒」の最後の最後まで、新所沢駅西口に立ち続けます。今日までの皆様方の必死なご支援と多大なる労苦を、大勝利の笑顔と歓喜に結実させるためにも、投票箱の蓋が閉まる、最後の瞬間まで、私「西山じゅんじ」、死力を尽くしてまいります。

なお、公職選挙法に基づき、本日24時を過ぎますと、明日(12日)の20時の投票が終わるまで、ホームページやメールマガジン、SNS(LINEやフェイスブック)等の更新・利用ができません。

次に、このメールマガジンが更新されるのは、「勝利のご報告」だと確信し、最後の最後まで、報恩感謝の心で、走り続けてまいります。

※明日(12日)の投票日当日は、有権者の方も、投票終了の20時までの間、ホームページやツイッター、フェイスブック等のインターネットで過去に発信された情報を「コメント」「リツイート」「いいね!」「シェア」、引用して転載するなど、拡散することは禁止されております。ご注意ください。

安心・安全で元気なまち・所沢を!

本日も所沢中を駆け回る中、「がんばれ!負けるな!」「応援しています!」など、たくさんの応援をいただきました。本当にありがとうございます。

そして、いよいよ、この選挙戦も今日を含めて、残り2日になりました。ここまで押し上げていただき、私「西山じゅんじ」を支えてくださる全ての皆様に、感謝の思いでいっぱいです。

私「西山じゅんじ」は所沢が大好きです。所沢生まれの所沢育ち。実家は、新所沢駅前の八百屋でした。所沢から限りない恩恵を受けてきたからこそ、大好きな所沢を守り、元気にすることが私の使命と責任だと強く感じています。

「所沢を守る」といえば、東日本大震災以後、災害に強い町づくりは、政治の喫緊の課題です。そのため、2013年までに、所沢市の全ての小学・中学校の建物の耐震化を実現しました。現在は、さらに、避難所となる体育館の天井や窓、照明といった「非構造部材」の耐震化を推進しております。

また、地域の防犯・防災対策の強化のため、埼玉県内の警察官を大幅に増員しました。これは、5年連続で日本一の増加になっています。そして、ストーカー被害の対策としても迷惑行為防止条例を制定していますが、悪化する凶悪犯罪から、女性や子どもたちを守るために、今後も迅速かつスピーディーに対策を考案し、実現してまいります。

いよいよ、県議選ラストスパートです!必死に応援してくださる皆様の思いを、必ずや「勝利」という形で結実させるため、私「西山じゅんじ」は、残された一分一秒に全闘魂を注ぎ、最後の最後まで、猛烈に攻めて、攻めて、攻め抜いてまいります!

健康長寿先進県・埼玉を!

選挙戦も終盤戦に入ります。連日連夜、西山じゅんじに絶大なるご支援を賜り、心より感謝申し上げます。本当にあいがとうございます。皆様からの心強いご支援を受け、毎日元気いっぱいに走り抜いています。

さて、埼玉県は、実は、「日本一のスピードで高齢化が進んでいる」といわれています。ゆえに、団塊の世代が後期高齢者となり、医療・介護の需要が増加する2025年に向けて、性急に準備をしなければ取り返しの付かないことになります。一方で、この埼玉県が堅実な高齢化対策を実現できれば、それが日本のモデルケースになります。だからこそ、私は、埼玉が「健康長寿先進県」となる使命と責任があると考えているのです。中でも、高齢化対策の最重要ともいうべきトピックこそ、「介護」です。「介護」の課題や今後の問題点を見つけ、解決していく答えは「現場」にあります。

私自身、「現場主義」の原点となったのが、新聞記者時代に介護施設に泊まり込みで取材を行ったことです。
自分の目で見たから、現場で働く人の必死な目が見えました。
自分の耳で聞いたから、現場で苦しむ人の声と、声をかける介護師の優しい声が耳を離れません。
自分の手で触れたから、現場の布団が冷たいのか、柔らかいのか、分かるのです。

現場が抱える多くの悩みや苦労に寄り添ったから、「介護職員しっかり応援プロジェクト」を創設
し、介護職員の待遇や労働環境の改善、介護事業所への補助金支給などをスタートしました。
また、さいたま市内での「介護職員合同入職式」を開催し、新入職員の出発も県を挙げて応援しています。

全ての人が、健康に長寿を迎え、笑顔あふれる社会をつくるため、走りには走ってまいります。

誰もが生きいきと輝く社会を!

皆様、こんにちは!西山じゅんじです!
県議選がスタートし、所沢市を全力で駆け回る中、皆様の「西山、頑張れ!」「じゅんじ、負けるな!」との力強い声援が、何よりの原動力になっています。心より感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

私、西山じゅんじは、この県議選、何があっても負けられない理由があります。

それは、これまで、若者、女性、障がい者の方々から「将来が不安です」「就職活動がうまくいきません」などと悩みや相談をたくさん頂きました。そして、若者支援として、所沢をはじめ県内7カ所に就職支援施設「キャリアセンターブランチ」を設置。また、障がい者雇用を促進する「障がい者雇用サポートセンター」も創設しました。

しかし、若者、女性、障がい者の方々が抱える悩みや不安は、まだまだあります。議員として、やり遂げなければならない課題がたくさんあります。誰もが生きいきと輝いていく社会を作っていくため、これからもこの課題に全力で取り組んでいきたいと考えています。

私、西山じゅんじは、皆様の目線で、手となり、足となり、この所沢から埼玉を、日本を変えていきます。 最後まで変わらぬ、ご支援を、何卒よろしくお願いいたします。

県議選勝利に向けて

本日、県議選がスタートしました!
私自身、5期目の挑戦となる節目の戦いです。これまで、4期16年間、微力ながらも懸命に働いてこれたのも、皆様の多大なるご支援を賜ることができたからであります。
寒風の中、皆様が声をかけてくださるその一言に、何度、心を温められ、勇気がみなぎったか分かりません。私をご支援いただいているすべての皆様に心から感謝申し上げます。誠にありがとうございます。
私、西山じゅんじは、皆様のご期待にお応えするため、この県議選を断じて勝利してまいります。

改めて、この県議選で、私が訴えていきたい今後の所沢の目指すべきビジョンを簡潔にお伝えしていきます。

一、誰もが生き生きと輝く社会を!
女性、若者、障がい者をはじめ、誰もが輝くことができる埼玉を、この所沢から実現していきます。

一、健康長寿先進県・埼玉を!
全ての人が、健康で笑顔あふれる社会をつくっていきます。

一、安心、安全で元気なまち・所沢を!
所沢生まれの所沢育ち。だからこそ、所沢の明るい未来のために全力を尽くし
ます。

最後の最後まで、死にものぐるいで、動きに動いてまいりますので、皆様の最後まで変わらぬご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

Top