朝のうれしい一言

朝のうれしい一言

 今日は、狭山ケ丘駅で朝立ち(じゅんじニュースの配布)でした。最近は選挙が近付いたせいか、他党の議員とバッティングすることが多いのですが、珍しく今日は公明党だけ。「静かでラッキー」と思いつつ、西沢市議にお手伝いいただき、じゅんじニュースを配り始めました。

 ところが、意外と受け取ってくれる人が少なくて、「あれれ、狭山が丘駅はいつももっと受け取ってくれるのになあ」と思っていた時、制服姿の帽子をかぶった小学生の女の子が何か言いたげに私に近づいてきました。何だろうと思っていたら、「握手してください」と可愛い声で言ってくれるではありませんか。もちろん、喜んで握手。満足そうに女の子はエレベーターで改札口に上がっていきました。

 きっと、支持者の方のお嬢さんで、親ごさんから私の話を聞いていて、声をかけてくれたんだろうと思います。思うようにニュースを受け取ってもらえず、ちょっとめげかけていたんですが、女の子のうれしい一言で明るくなり、そのあと、元気にニュース配布ができました。

 名も知らぬお譲ちゃん、今朝はどうもありがとう!

見送りと出迎えをする猫

 我が家のいそうろうネコのニャン吉は、私が出かけるときは玄関まで見送りに、そして帰ってきたときにはまた玄関で出迎えてくれます。犬は飼い主の見送り出迎えをするようですが、ネコは珍しいそうです? いそうろうとはいえ、なかなか感心なネコです。もっとも、厳寒の季節に暖かい家とご飯を確保したのですから、玄関まで出迎えるくらいはお安い御用というところでしょうか。
 じゅんじニュース35号にもデビューしたニャン吉。ご主人様の選挙にどれくらい貢献するかは、彼の将来にも関わってきます。かみ癖さえなければ文句ないんだけどなあ…。

Top