今任期最後の議会が閉会 | 西山じゅんじ
今任期最後の議会が閉会

今任期最後の議会が閉会

 3月15日に4年間の任期で最後となる2月定例県議会が閉会しました。

 代表質問では地域包括ケアの推進や介護人材の確保、公共交通の再編などの超高齢社会に向けた課題や、SDGsの県政の導入やプラスチックごみの削減など、持続可能な社会に向けた大きな問題を取り上げました。
 
また、一問一答方式の予算特別委員会では、既設道路への信号機増設や県外生への私学助成、市をまたいた子ども医療費窓口払いの撤廃など、県民の皆様から寄せられた切実な声を代弁させていただきました。選挙を目前に控え、準備の時間に苦労しましたが最後の議会もベストを尽くすことができたと思っています。

 今任期は、最大会派の自民党と上田知事の対立が続いた4年間でした。公明党は国政で自民党と連立政権を組み、選挙協力も行う仲ですので、私たちも基本は自公の関係を大事にしています。一方、公明党は上田知事とも信頼関係を持ち、県政に携わってきました。そのため、時に自民党と上田知事の間で難しい判断を迫られることもありましたが、何とか県民本位の視点から決断し、公明党らしさを貫くことができたのではと考えています。

 いよいよ県議選まであとわずかとなりました。一瀉千里の戦いです。これまでの実績と未来への思いを語りぬき、断じて勝利してまいる決意です。

Top