“日常生活の移動手段 ”確保へ向けて | 西山じゅんじ
“日常生活の移動手段 ”確保へ向けて

“日常生活の移動手段 ”確保へ向けて

 今後の超高齢社会に向け、市内のどこに住んでいても、役所や病院、スーパーなど、生活に欠かせない場所に、公共の交通手段で移動できる街づくりが重要です。

  しかし、現状の民間バス路線と「ところバス」だけでは不十分。ところバスはコースが長く、目的地まで時間がかかり、便数も少ない。さらに民間路線とコースが重複するところもあり、「使いにくい」「抜本的見直しが必要」など、多くの声が寄せられていました。

  そこで、私は、ところバスの全路線に乗り、その課題点を確認し、「公共交通機関の再編に県も取り組むように」と、県議会で訴え、推進してまいりました。

  所沢市においては、公明党の主張により設置された「交通政策室」による「地域公共交通会議」が開催され、将来の公共交通の在り方が検討されています。路線バス、ところバス、新たなワゴンバス、タクシーの活用など、さまざまな交通手段の組み合わせが考えられます。

 今後も市議会公明党と連携し、高齢者をはじめ、誰もが生活に必要な施設へ公共交通でアクセスできる街づくりに全力で取り組んでまいります。

Top