所沢市が「環境先進都市」に前進! | 西山じゅんじ
所沢市が「環境先進都市」に前進!

所沢市が「環境先進都市」に前進!

 今年1月に発表されたSDGs(持続可能な開発目標※)に関する日本経済新聞社の調査で、所沢市は環境面の評価で全国1位となりました。

 再生可能エネルギーへの転換を進めるため、家庭や事業所に対して太陽光発電や蓄電池などの設備導入を支援する補助制度や、電気自動車の充電設備などの施策が評価されました。こうした環境重視の政策を市議会公明党は推進してきました。

 一方、私も県議会から所沢市のエコタウン化をバックアップし、太陽光発電など再生可能エネルギーの利用促進も推進してきました。また、昨年の代表質問では、県政にSDGsの理念を導入するように訴えています。

 20年前のダイオキシン問題を教訓に、私の提案で実現した資源循環工場をはじめ、県や所沢市の環境政策は次第に充実してきました。環境先進都市に向け、さらなる取り組みを続けます。

*SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)とは、持続可能な世界を実現するために国連サミットで採択された17項目の国際目標です。

Top