第5回の「介護懇談会」を開催

第5回の「介護懇談会」を開催

2月1日夜、公明党所沢支部主催の「介護懇談会」をミューズ管理棟の会議室にて開催しました。矢倉かつお参議院議員、私、公明党所沢市議団と訪問介護、訪問看護、施設管理者、ケアマネージャーなど、介護現場で日々ご奮闘いただいている事業者の皆様にご参加いただき、活発で大変貴重な意見交換を行うことができました。

やはり、介護現場の人材不足が多くの方から指摘されました。そして報酬引き上げはもちろん必要だが、女性が多い職場であることを考えると「働きやすさ」や「働きがいが感じられる」ことも大切との人材確保に向けた貴重な示唆をいただきました。また、全体的に在宅介護にシフトする中、土日に動けるヘルパーさんが少ないことや、訪問時の車両の駐車問題も複数の方から指摘されました。

矢倉勝男参議院議員を迎えた第5回介護懇談会

 

さらに、今回は介護だけでなく訪問看護の事業者や医療介護連携拠点の責任者の方も参加していただき、今後進めるべき介護と医療の連係を象徴するような意見交換ができました。

地域包括ケアシステムはそれぞれの地域で作り上げるものです。懇談会を通して所沢市オリジナルのシステム構築に、少し光が見えてきたような気がしました。さらに頑張りたいと決意しています。

寒い中、お集まりたいだきました皆様、本当にありがとうございました。

Top