終戦記念日街頭演説

終戦記念日街頭演説

昨日は72回目の終戦記念日でした。公明党は毎年この日に全国各地で不戦を誓う終戦記念日街頭演説を行っていますが、私も所沢駅前で市議会公明党の西沢一郎、吉村健一、福原浩昭、亀山恭子の同僚議員と一緒に街頭演説を行いまいした。

太平洋戦争最後の空襲があったのは埼玉県の熊谷市です。8月15日、まさに

雨の中、決意を訴えました

終戦の日の未明に、B29の爆撃を受け、市内で266人の方が犠牲となり、市街地の4割が焦土と化しました。被害を受けた方はどんな思いで玉音放送を聞いたのでしょうか。また、私たちの住む所沢市も大規模爆撃こそなかったものの、たびたび米軍戦闘機の攻撃を受け、人命が失われています。こうした地域の戦争の歴史を知り、伝えていくことも戦争を起こさないためには大切なことではないか、ということを訴えさせていただきました。

 

あいにくの雨でしたが、皆さんに話を聞いていただくのはもちろん

、何よりも平和を目指す公明党議員として決意を新たにすべく、街頭に立ちました。

Top